--- FREEWARE ---

Very Simple Toon Shader for RfM (VSTS)

made by H. Inomata, 1998, DISTRIBUTION ONLY IN COMIC MARKET in Japanese, that I can participate.
1998年に作りました。サークル参加できたコミックマーケットでのみ頒布致します。

Overview

[IN JAPANESE]
3次元CGツールで、セルアニメ風作品を作るのに欠かせない簡易ツーンシェーダです。 ただ、プラットフォームは、あのトイストーリで有名なPixar社のRenderManです。 試しにやってみた1998年後半では、RenderMan 3.1ベースでした。 最初、法線ベクトルの向きでエッジ線を生成する方法を試したところ、線幅が不均一なることが分かり、 次に、ワンパスでの処理を諦め、Zバッファからエッジ抽出処理をしてエッジ線を生成する方法に落ち着きました。 これでも、レンダリング結果の品質は、まだまだで、色々な可能性を試す必要があると感じてました。 とりあえず、エンハンスもせず、PRMAN11で動作することだけ確認してます。 でも、基本的に、ディズニーアニメで使っている手法と原理は同じです。 また、現在では、Alias社のMayaのベクトルレンダリングや、ハイエンドなビデオボードで実行するピクセル・シェーダなどが利用できるので、まっとうなセルアニメ風の画像が、高画質に高速に求められるようになってきました。 下のサンプルは、Alias Maya6.5と、Pixar RenderMan for Maya 1.1 (RfM)で、レンダリングしたものです。

[IN ENGLISH]
This is a simple toon shader needed for making an image like Japanese cel animation. Then, this shader needs Pixar RenderMan as a platform. When I had tried making images by this shader, about 1998, the RenderMan is version 3.1. In this day, I can use Alias Maya 6.5or later, and Pixar RfM 1.1 for the shader.

Parameters

Samples


  • iv_range_shadow = 0.7;
  • iv_range_bright = 0.9;
  • iv_range_border = 0.2;
with default parameters

  • iv_range_shadow = 0.7;
  • iv_range_bright = 0.9;
  • iv_range_border = 0.1;


  • iv_range_shadow = 0.7;
  • iv_range_bright = 0.45;
  • iv_range_border = 0.2;

  • iv_range_shadow = 0.35;
  • iv_range_bright = 0.9;
  • iv_range_border = 0.2;


Colored Sample

The above face applying a textuire image

LICENSE AGREEMENT

[日本語]

[IN ENGLISH]


RenderMan 3.1 Rendering Sample

1999年に、RenderMan3.1 for Macでレンダリングした作例。但し、龍のモデルは、出来合いのものを利用。また、エッジ線は、Zチャネルでエッジ検出したものを利用。

[IN ENGLISH]
The below image is my work in 1999 for my new year greeting card, while the edge lines are made from the Z-channel. I used a Pixar RenderMan 3.1 for Macintosh and a ready-made products as the dragon model.

(C)2000, H.Inomata


(C) 2005. Hirofumi Inomata (e-mail: inomata@cap.bekkoame.ne.jp)