はねっこ文庫プレビュ−

デジ・ポンタ

(第二六巻 〜 第三十巻)

題名 作者冒頭

コミックマーケット一 デジ・ポンタ著 コミックマーケットと言えば、オタクの集まりと思う方も多いと思います。結論を先に言うと、このオタクという見方は、無趣味で、ボケ老人にならざるおえない人々が少なくない、日本固有の見方とも思えるのです。高度経済成長時代に多量生産された無趣味で従順なサラリーマンは、現在、金太郎飴とも

コミックマーケット二 デジ・ポンタ著 当日は、コミックマーケット三日目で、男性向けの作品が集まる日で、一日目と二日目以上に、人の入りが多い日なのです。自分の場所から眺めていると、右から左、左から右へとはや歩きで多くの人が移動していく様は、どこぞの通勤ラッシュのようでもありました。今回のサークル参加の分野は、「同人

盲目的物作りは勘弁 デジ・ポンタ著 最近、メディアで話題となっている「物作り」だが、「物作り」だけを切り出して記事にしたり、話題にすることは、勘弁して欲しいのである。高度経済成長時代は、作れば売れる時代であったので、その時代、甘い蜜を吸った方々には、なかなか心地よい響きとなることは明らかなのである。これは、全く

宇宙の渦 デジ・ポンタ著 現在天文学では、太陽系から宇宙の果てまでの恒星の分布の一部が観測されるに至っている。これによると、銀河系までは、渦をまいているのに、その外は、まったく海綿状に恒星がちりばめられているのであり。これも更に大きな渦の一部であるのかとも思えるのだが、宇宙の果てを越えてしまうので、

構造改革 デジ・ポンタ著 今年も、どんな組織も、その構造改革が、必要な年であろう。構造改革とは、今まで当たり前と思い込んでいたところが太陽となることは、言うまでもないが、これはきっと、その組織に取り込まれた要員によっては、全く気が付き難いことなのである。今までそうしていたから

(C)2003-. Hirofumi Inomata