はねっこ文庫プレビュ−

デジ・ポンタ

(第一巻 〜 第五巻)

題名 作者冒頭
考えれば考える程に、未来予言? デジ・ポンタ著  電子と反電子が衝突して光子(仮想粒子だが)となる反応を考えれば考えるほどに、不可逆な時間の進行を前提にして、まったくもってふに落ちない。反電子といっても質量は負ではない。負でない質量同士の衝突で、質量ゼロ(ただし、自己のエネルギー分の仮想的質量を持つ)の光子が発生するのだ。
インターネットによるグローバル化の功罪 デジ・ポンタ著  インターネット(通信ネットワーク)の普及する前は、各産業分野での各市場のロードマップがそれぞれ独立に考えられていました。したがって、通信ネットワークやインターネットは、それぞれの市場をそれぞれ、拡大する何かがあると、それぞれの産業分野の方々が、見込んでいたのは、自然な成り行
挫折した憧れの生活スタイル デジ・ポンタ著  戦後まもなく、米国の生活スタイルにあこがれ、それが糧となって、日本経済が復興したといって過言ではないような気もします。そのときの憧れは、持家+車+・・・だったと聞いてます。現在、米国の憧れの生活スタイルを、日本人がゲットしているか疑問ではありますが、ある程度生活が満たされて
ITは難しい デジ・ポンタ著 ITが難しいのは、生活必需品ではないから。生活必需品でないということは、エンターテイメントや贅沢品の範疇であって、やはり、うけることが唯一の正義の世界。 一般個人でのライフライン・レベルの達成に、ITは、今のとこと、パソコンも必要ない。一方、法人
バビロン計画の終焉 デジ・ポンタ著  現代技術の速い進歩は、オーギュメントリアリティーの分野にも同様に訪れ、近い将来、リアル世界とバーチャル世界の境界もあやふやとなった。まずは、全ての物品から、装飾が消え、バーチャル世界を通して、リアル世界の全てが扱えるようになった。個人は、個人の趣味を、他人の目もきにすること

(C)2002-. Hirofumi Inomata